イメージ画像

アキュエラ水素水7.0で
高濃度水素を体感しませんか?

↓市販水素水と比べ最大約70倍の高濃度水素水はこちら↓

水素水アキュエラ7.0のおすすめポイント①

市販水素水の70倍の圧倒的高濃度な水素量

水素水アキュエラ7.0スターターセット

水素水アキュエラ7.0スターターセットは、桁違いの圧倒的な水素濃度で水素の世界的権威が水素量No.1と認めたプロ仕様の水素水です。6つの特許技術で水素が水に溶ける限界飽和量とされる1.6ppmを大きく上回る7.0ppmという超過飽和水素水を実現しています。
※市販の水素水と比べて最大約70倍の圧倒的高濃度水素水を実現!

水素水アキュエラ7.0のおすすめポイント②

水素を効率的に摂取することが可能!

水素水アキュエラ7.0スターターセットでは、水素量が多いということは、例えば他社の0.5ppmの水素水と比較すると、アキュエラ水素水7.0の500mlと同じ量の水素を摂取するためには、他社の0.5ppmの水素水の場合には、7,000ml分もの水素水を摂取しなければ同量の水素にはなりません。一般的な市販水素水を購入する価格や容量、そして一番重要な【水素量】を比較した場合、水素水アキュエラ7.0は、圧倒的なコストパフォーマンスを実現します。そしてアキュエラが水素を効率良く摂取できる秘訣としては、水素発生剤タイプの水素水ということもポイントになるでしょう。
※アキュエラ水素水7.0なら約22倍も経済的です

水素水アキュエラ7.0は雑誌の特集記事でも紹介

多くのメディアでも水素水アキュエラ7.0は掲載実績あり

水素水アキュエラ7.0の雑誌掲載履歴

2013年2月28日号の週刊文春の実験にて、市販の9種の水素水の中で「アキュエラ水素水7.0ppm」(旧名称:水素水5.0)が最も水素濃度が高いプロ仕様の水素水であると紹介されています。市販の一般的な水素水と比較すると、アキュエラ水素水7.0は5倍から70倍もの水素量を誇っています。書籍の中で比較対象となった水素水のラインナップは・・・「カラダの中からキレイに水素水(アルミ缶)」「還元性水素水(アルミ缶)」「水素水・悠久の恵(アルミ缶)」「水素たっぷりのおいしい水(アルミパウチ)」「高濃度ナノ水素水スパシア(アルミパウチ)」「ナノ水素水キヨラビ(アルミパウチ)」「ナノバブル水素水(ペットボトル)」「天然水素水VanaH(ペットボトル)」以上のラインナップとの水素濃度比較でした。この中で水素水アキュエラ7.0は、水素発生剤タイプの水素水としてトップの濃度を計測しています。
※市販9種の水素水の中でトップの水素濃度数値を計測!

水素水アキュエラ7.0は、なんと5秒に1本売れています

水素水アキュエラ7.0スターターセットは、2015年のTV通販における販売実績において自社調べで5秒に1本の販売実績を残しました。その人気の秘密は、やはり業界No.1の圧倒的な高水素濃度と業界平均を下回る低価格での提供にあります。(※500mlペットボトル1本あたり226円)
※プロ仕様の高濃度水素と経済的価格が人気の秘密です

★プロ仕様でも毎日続けられるコストパフォーマンスの水素水はこちら★
>> 驚異の7.0PPM!水素量で選ぶなら「aquela」

水素水アキュエラ7.0のデメリットは?

水素水7.0スターターセットは、耐圧ペットボトルで水素発生剤を使用してその場で作るため、急いでいるときなどにすぐに飲めないというデメリットがあります。市販の水素水でよくあるアルミ缶やアルミパウチでは、すぐにその場で飲むことが出来ますが、水素水アキュエラ7.0スターターセットは耐圧ペットボトルを利用して水素水を作る作業が発生してしまうので面倒というデメリットはあります。

しかし逆を言えば、アルミ缶や普通のペットボトルの水素水では、時間が経つにつれて水素がほとんど抜けてしまうという弱点があるのですが、この水素水7.0スターターセットは、その場で耐圧ペットボトルで水素発生剤を利用して水素を発生させることで、新鮮な7.0ppmという非常に高濃度の水素水が飲めるということが最大のメリットになります。
水素水アキュエラ7.0は、その場で作ることで超高濃度水素を実現!

水素水アキュエラ7.0の同梱物

水素水7.0ppmスターターセット


水素水アキュエラ7.0スターターセットは、水素発生剤を利用して専用の耐圧ペットボトルで水素水を作って飲むタイプのプロ仕様の水素水です。そのため7.0ppmという超高濃度の水素水を実現することに成功しました。

・超過飽和水素発生剤×30包・溶存水素濃度判定試薬×1・専用耐圧ペットボトル×2個
・カプセル×2個・スポイト×2個・キャップ×2個

↓市販水素水と比べ最大約70倍の高濃度水素水はこちら↓

 

 

リンク集

このページの先頭へ